Oldman tube

日韓関係改善のために正しい歴史を伝える

韓国小学校社会の教科書間違いと歪曲を大幅修正

小学校社会の教科書間違いと歪曲を大幅修正

2019年2学期小学校5-2は1学期に使用した小学校6-1の近代史部分を写して再編集した教科書です

 

社会6-1教科書該当部分は間違いと歪曲が少なくないので当国史教科書研究所では行政裁判所で使用禁止可処分申請を受理していただきこの後教科書国民相談センターを通じて持続的に問題を提議しました。

最近2学期から使用された社会5-1を検討した結果

当研究所で問題提議した間違いと歪曲の部分修正又は

削除されました。

その中削除された部分は以下になります。



1.江華島条約が不平等な条約である理由をご覧ください。(25ページ)

江華島条約が不平等な理由で3つの条件を聞いたが、これは誤りである。江華島条約は、基本的に平等不平等に言えない。提示した3つの条項には、不平等な内容がない。

2.「サバルトンムン」作成を表示(31ページ、活動資料1)

教科書にサバルトンムンに提示した文書は、樋門すらできない雑記に過ぎない。

 

3.強制労働に動員された朝鮮人の写真 - その写真は朝鮮人ではなく、日本人

 

歴史教科書研究所

所長キンビョンホン

*** 초등 사회 교과서 오류와 왜곡 대폭 수정
2019년 2학기 초등사회5-2는 1학기에 사용한 초등사회 6-1의 근대사 부분(처음부터 77쪽까지)을 옮겨서 재편집한 교과서입니다.
사회 6-1 교과서 해당 부분에는 오류와 왜곡이 적지않아 본 국사교과서연구소에서 행정법원에 사용금지 가처분 신청을 접수한 바 있으며, 이후 교과서민원바로 처리센터를 통해 지속적으로 문제를 제기하였습니다.
최근 2학기부터 사용하는 사회5-1을 검토한 결과 본 연구소에서 문제 제기한 오류와 왜곡 거의 대부분 수정하거나 삭제하였습니다.
그 중 삭제한 부분은 아래와 같습니다.

***아 래***

1. 강화도 조약이 불평등한 조약인 까닭 알아보기(25쪽)
강화도 조약(조일수호조규)이 불평등한 이유로 3개 조항을 들었으나 이는 잘못이다. 강화도 조약은 기본적으로 평등 불평등으로 말할 없다. 무엇도다 제시한 3개 조항에는 불평등한 내용이 없다.

2. '사발통문' 만들어 보기(31쪽, 활동자료1)
교과서에 사발통문으로 제시한 문건은 통문조차 될 수 없는 잡기에 지나지 않는다.

3. 강제노역에 동원된 조선인 사진 - 해당 사진은 조선인이 아닌 일본인

*** 수정 부분은 추후 업로드 예정입니다.

국사교과서연구소장 김병헌

f:id:yoon920:20210321111925j:plain

f:id:yoon920:20210321111939j:plain

f:id:yoon920:20210321111949j:plain

f:id:yoon920:20210321111958j:plain

 

3.1独立運動証拠写真

写真内に韓国の国旗がありません。

なぜならみんな脅迫されて嫌々出てきたのです。

朝鮮時代の階級社会から解放されて

ほとんどの国民は日本統治がよかったので独立運動の意味が

わからないからです。

 

 

f:id:yoon920:20210301213621j:plain

f:id:yoon920:20210301213631j:plain

f:id:yoon920:20210301213641j:plain

f:id:yoon920:20210301213653j:plain

 

偽慰安婦補助金問題監査請求監査院前記者会見内容

先月、李容秀(イ・ヨンス)・吉元玉(キル・ウォンオク)を刑事告発した市民団体'慰安婦法廃止国民行動'、24日、監査院の前での記者会見。

「李氏と吉氏の初期証言を見ると、日本軍によって強制動員されたと見なされる根拠はない。
1990年代初期の証言集によると、李「すぐについて行った」「お金がたくさん儲かる」などと記述されている。
市民団体側、"慰安婦被害者法が定めた'被害者'の定義に合わない、よって補助金支給・受領は違法"

市民団体'慰安婦法廃止国民行動'(代表キムビョンホン、以下'国民行動')は24日午後、ソウル鍾路区監査院の前で記者会見を開き、'日本軍慰安婦'被害者補助金支給の適正性の有無を監査してほしいという国民監査を監査院に請求すると明らかにした。 2021. 2. 24.  写真=朴舜鍾記者
'日本軍慰安婦'被害者でないにもかかわらず、国家に'日本軍慰安婦'被害者に偽りで登録し、関連補助金を不正受給したとし、李容洙(93)氏と吉元玉(93)氏などを補助金不正受領の疑いで刑事告発した市民団体が、今回は女性家族部を監査してほしいと、監査院に国民監査を請求した。

24日午後、ソウル鍾路区監査院の前で記者会見を開いた市民団体'慰安婦法廃止国民行動'(代表キムビョンホン、以下'国民行動')は"'日帝下の日本軍慰安婦被害者に対する保護・支援及び記念事業などに関する法律'(慰安婦被害者法)によって'日本軍慰安婦被害者'に登録された女性数が240人にのぼるが、法律が定めた'日本軍慰安婦被害者'定義(定義)に合致する女性は一人もいない"、"代表的な事例として李容洙氏と吉元玉氏を特定し、これらに対する補助金の不正支給の疑いがあると判断した女性家族部を対象に監査院に国民監査を請求することにした"と明らかにした。

'慰安婦被害者法'は第1条(目的)で"日本によって強制動員されて慰安婦としての生活を強要された被害者を保護・支援して日本軍慰安婦被害者の名誉回復と真相究明のための記念事業を遂行することにより、これらの生活安定と福祉増進を図るとともに、国民の正しい歴史観が確立されると人権増進に貢献することを目的とする"と定め、'日本軍慰安婦被害者'と関連して'日帝(日帝)によって強制動員されて成績(性的)虐待を受け、慰安婦としての生活を強要された被害者'(第2条1項)と定義している。

これと関連し同日、'国民行動'側は"'被害者'らの口述証言を見れば、彼らが慰安婦になる過程はほとんど親による売買、就業詐欺、公務を詐称する詐欺など、募集過程で起きた犯罪行為の被害者や、自らして間の場合として、日本軍によって強制的に動員された場合はたった一件もなかった"、"慰安婦募集に関するものは、民間領域で行われたことにより、戦争中の日本軍が拉致・誘引・誘拐などの不法な方法を動員して女性たちを連れて行く理由がなく、'日本軍慰安婦'の民族的構成比を見ても、その過半数が日本人女性たちだったが、とりわけ、朝鮮人慰安婦のことだけ強制的に動員されたという主張については、常識的ではない"と主張した。


記者会見で発言中の'慰安婦法廃止国民行動'代表キムビョンホン韓国史教科書研究所所長。 2021. 2. 24.  写真=朴舜鍾記者
さらに、これらは"そのためにこれらの補助金受給は(被害者)の虚偽登録による違法行為ということが、私たちの判断"とし、"これに1993年と1998年'日本軍慰安婦'被害者としてそれぞれ登録された李氏と吉氏二人を名指しして、'補助金の管理に関する法律'違反容疑で、先月1月27日、ソウル鍾路警察署に刑事告発したこと"と説明した。

補助金の管理に関する法律」は、第40条(罰則)は、「偽りの申請その他不正の方法により、補助金若しくは間接補助金の交付を受け、又は支給を受けた者若しくはその事実を知りながら、補助金若しくは間接補助金を交付し、又は支給した者」(1号)に対し、「10年以下の懲役若しくは1億ウォン以下の罰金に処する」と定めている。

「国民行動」側は李氏と吉氏を刑事告発したのに続き、これら2人に支給された関連補助金が適切だったかどうかを監査してほしいという理由について、1990年代初めに2人が証言した内容をその根拠として挙げた。


'日本軍慰安婦'証言集第1冊《強制連行された朝鮮人慰安婦たち》の表紙。(出典=教保文庫)
この1993年韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)と韓国挺身隊研究所が共同で発行した'日本軍慰安婦'証言集第1巻《強制連行された朝鮮人慰安婦たち》(ISBN 9788946066571)によると、李容洙氏は"国民服に戦闘帽をかぶった日本人男性が渡した服の包みの中にある赤いワンピースと革靴に心惹かれてついて行った"とし、吉元玉氏は"'中国に行けば、気楽に働きながらお金をたくさん稼ぐことができる'いう言葉を聞いて歌や、お酒を売る程度のことだと思って華北(華北)に向かった"という趣旨の証言('日本軍慰安婦'証言集第6巻《歴史を作る話》参照)をした。

これらが監査院に申請した国民監査制度は、「腐敗防止および国民権益委員会の設置と運営に関する法律」(腐敗防止権益違法)によるもので、「国民行動」側は計375人の市民から同意を得て要件を満たしたと発表した。

今回の国民監査を主導した「国民行動」代表キム·ビョンホン韓国史教科書研究所所長は、市民たちの同意を得る過程で記憶に残る事例があったかという質問に「彼はしつこく根ほり葉ほり聞いてきた20代の女性が記憶に残っているとし、『強制動員が正しいと思う』という趣旨で色々質問をしたが、金福童、金学順、吉元玉、李容洙の4人の証言内容を話したところ、すぐに納得して快く署名に同意してくれた」と答えた。

一方、'偽の慰安婦'議論と関連して、最近、李容洙側は"相手する価値がないため、法的対応を考慮していない"という立場をマスコミに明らかにしたという。

朴舜鍾(パク·スンジョン)記者francis@pennmike.com